御殿場のカーディティーリング/タイヤ/エンジンオイルのお店「CARPORT OZ」blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LANDROVER ディスカバリー3 (ボディコーティング・SR plus HYBRID)

こんばんは!

梅雨時期らしい日が続いていますね~
台風の接近が心配ですね・・・

今回は先日ボディコーティングを施工した平成18年式のランドローバー ディスカバリー3をご紹介します。
個人のお客さまですが・・・  これで5台目! いつもありがとうございます!

lrd771.jpg

lrd772.jpg
ご希望により、エンブレムを取り外し。
マスキングしてある左側の「DISCOVERY」も、周囲の汚れを除去するのが困難なので一旦取り外してキレイにしてから再取り付けしました。

lrd773.jpg
8年経過しているソリッドホワイトなので、鉄粉や各パネル縁のワックスや汚れの固着が多く・・・
一通り作業してマスキングまでで1日半程経過。

lrd774.jpg
磨きはカット系のコンパウンド、シングル+ウールバフからスタート!
一部、2000番のペーパーや3000番のバフレックスも使用。

lrd776.jpg
仕上げの磨きをして、この後コーティング材の塗布作業です。


コーティングの種類は、この度新しくメニューに加えた、
「SR plus HYBRID GLASS COATING」です。
SRPLUS.jpg

一般的なガラス系のコーティングは、塗布するとガラス系の層の表面にフッ素の撥水層が
出来上がるんですが、どうしても摩擦等で表面の撥水層が取れやすい・・・

この「SR plus HYBRID GLASS COATING」は、ガラス系の層全体に渡ってフッ素が結合されている
構造の為、従来品よりも長期間の撥水性能が期待できるというもので、硬度も6Hとなかなかです!


ボディコーティングが終了したのち・・・

ウインドウガラスコーティング「美滑水コート」の施工に移ります。

lrd778.jpg
lrd779.jpg
フロント&リアガラスはガラス磨きコンパウンドを使用して下地処理。
このクルマは、ワイパーが立てられないのでマスキングを工夫して。

lrd7712.jpg
lrd7711.jpg
フロントドア、リアドア、クオーターガラスは、ワイパー傷が無いので薬品系の下地処理材で一気に。

lrd7710.jpg
サンルーフと広大なグラスルーフも薬品系で下地処理ののち、施工!

そして・・・
乾燥時間の差やマスキングの関係で後回しにした、色あせた樹脂黒部分のコーティングを。
溶剤系のコーティングは塗れないので、ここは無機・無溶剤の「KINGVEIL」を塗布。
でも、そのまま塗っても、ほとんど黒くならず・・・
脱脂しまくった後に塗りました。

lrd7714.jpg
バックドア下部のモール。

lrd7715.jpg
リアバンパー。

lrd7716.jpg
フロントバンパーコーナーRH/LH。
あまり色あせていない、フェンダーアーチ部と同じ位になったかな・・・

最後に各部の仕上げをして・・・
lrd7717.jpg
lrd7718.jpg
lrd7719.jpg

完成です!
5日半程のお預かりでした。

ありがとうございました!   またメンテナンス入庫でお待ちしております。




スポンサーサイト

| ボディコーティング各種 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://carportoz.blog63.fc2.com/tb.php/972-5c4731ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT