御殿場のカーディティーリング/タイヤ/エンジンオイルのお店「CARPORT OZ」blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

VW ゴルフ5 GTI ヘッドライトポリッシュ&コーティング再施工

こん○○は! 

今回は先日施工した、VW ゴルフ5 GTIのヘッドライトポリッシュ&コーティング(再施工)をご紹介します。 
最初に施工したのは2年半ほど前です。 
VWやAUDI車に見られる、クリアではあるものの、表面がクラックが入ったような症状。 
ライトを点灯させるとツブツブ状とかバーコード状にビッシリとなりますよね・・・ 

そんな症状にもヘッドライトポリッシュ&コーティングは有効です。 
個人ユーザーさんやディーラーさんでも、磨いても取れないのでレンズ内部の劣化だと思っている方が多いようです。 

実際には恐ろしく硬い表面のクリアが劣化しているんですね。 ちょっとやそっとの磨きでは歯が立ちません。 
クラック状に劣化はするものの、国産車に比べて数年で黄ばんでは来ないのでかなり性能はいいのだとは思いますが、
やはりライトを点けたときのツブツブやバーコードは気になりますよね。 

当店ではハンド“研き”ですが、#400からのハードな“研ぎ”で剥がして、そこから徐々に番手を細かくして“研ぎ”を進め、
ポリッシャーとコンパウンド数工程の“磨き”でクリアに仕上げ、専用のコート剤を塗布しています。 


今回のおクルマは、2年半ほど経過し、国産車の新車からの劣化のような段々と黄色っぽく劣化してきていました。 
やはり、2年毎の再施工が目安でしょう。 

黄色っぽさが画像ではわかりにくいですが、再施工前。
照明の写りこみもぼやけています。
golf51.jpg
golf52.jpg

ライトオン、上の方のツブツブ状の劣化が分かります。
golf53.jpg
golf54.jpg

というわけで、再施工開始です! 
純正の恐ろしく硬いクリアではないので、#600~#1000番からのスタートになります。(今回は#600から)
#3000までハンドで“研いだ”状態です。
golf56.jpg
golf55.jpg


ポリッシャー使用時は周囲をマスカーで覆います。
golf60.jpg
golf58.jpg

ライトオン。
再度、ほぼツブツブ状の劣化の残りもなく、新品のような感じに。
コート剤を塗布して仕上げます。
golf61.jpg
golf59.jpg

新車から10年オーバーですが、屋外でも確認、内側の“焼け”による左右の差もほぼ無いかと思います。
(内側の“焼け”はさすがに修復できません。)
golf62.jpg
golf63.jpg

再施工は、当該サイズの「初期劣化」の料金で施工します。
golf64.jpg

この度はご入庫、ありがとうございました! 


スポンサーサイト

| ヘッドライトポリッシュ & コート | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://carportoz.blog63.fc2.com/tb.php/1081-e906b42a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT