御殿場のカーディティーリング/タイヤ/エンジンオイルのお店「CARPORT OZ」blog

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新車コーティング、ディーラーコーティングとの違い。 

こん○○は! 

昨日は日中、梅雨とは思えないようなスカッ!と晴れた暑い一日でしたね。 

そんな暑い中、外で洗車はしてはいけません! 
ボディも暑くなっているし、水滴がどんどん蒸発、その過程でボディにシミを作ってしまい、洗車では落とせません。
昔はよく、晴れると「今日は洗車日和だ~!」なんて声をよく聞きましたが、間違いですね! 


昨日は、新車でマツダ・デミオのボディコーティングを施工させていただきました。 
納車ほやほや、その足で持ち込んで頂きました。 
屋外で見る限りは、ほとんど分かりませんでしたが・・・ 

洗車していくと、これも新車のお約束なんですが、ボンネット、ルーフには水で手を滑らせえると引っかかりを感じます。 
工場から運送時にボンネットやルーフに貼られているシートやガードワックスの糊?です。
それと、納車前直前の暑い中の洗車か、登録からは2週間以上経っているので、その間の洗車あるいは外保管で付いた
細かいウォータースポットがボディ、ガラスに出来ていました。 

ここ数年で、ボディコーティングはすっかり新車時の標準オプションのようになっており、ローンにも組み込めるし、納車前に施工
されるので、納車後にすぐ乗れるといった利点でディーラーコーティングを選択する方がほとんどだと思います。 
ディーラーさんによっては、専門店に下請け施工の場合もありますが、ディーラーさんの自社工場内で施工したり、ディーラーさんに
入る前に施工センターで施工したりするケースがかなり多いです。 自身も助っ人で行くこともあるので悪口は書けないんですが、
やはり、専門店でしっかりと自分の使用状況やボディカラーにあった種類のボディコーティングを相談して選択することと、「新車だから何も磨かない、そのまま塗れる」「新車だからダメージなんて無いはず」といった間違った認識もどうかと思います・・・ 
それとやはり、アフターメンテナンスの問題ですね。 未だにコーティングすれば「洗車しなくていい」とか、「5年もつ」、といった間違った認識の方がかなり多いですね。 専門店だと「メンテナンスに出さないといけない」ではなく、「ちゃんとしたメンテナンスができる」といった考え方に変えませんか? すなわち、新車コーティングも専門店に! ということでお願いします。 もちろん、経年車の磨き・コーティングは専門店に限りますが・・・  

非常に前置きが長くなってしまいましたが(笑) 

しっかりと下地処理をさせていただいて、ボディコーティング「ポリマーシーラント グラシス」を施工させていただきました。 
こちら、約1年前に発売された新しいコーティング剤です。 
価格設定は安い部類ですが、鉛筆硬度試験7Hの硬度と疎水性(撥水角の低い弱撥水)で、濃紺色車にもおススメな
ガラス系コーティング剤です。 ※基本、新車のみのコースです。

demi06096.jpg
demi06097.jpg
demi06098.jpg

フロントガラスもしっかりと下地処理後に滑水性能に優れ、ワイパーのビビリも最小に抑えられた「美滑水コート」を施工。 
こちらは、1年ごとの定期メンテナンス時に再施工をおススメしております。 
demi06094.jpg

最後に全体を仕上げて完成となります。 
demi06095.jpg

この度は、当店をご利用いただきまして、ありがとうございました。 


マツダ デミオ Sサイズ
「ポリマーシーラント グラシス」 新車施工価格 \40,000+税 
※ユーザー様用のキット付きです。
※フロントガラスコーティング「美滑水コート」サービス施工付きです。
<メンテナンスメニュー>
1年毎の定期メンテナンス \9,000+税
半年毎等の中間メンテナンス(任意) \9,000+税
ライトな簡易メンテナンス(任意) \5,000+税 
メンテナンス洗車(任意) \2500+税
※任意のメニューは保管状況やボディカラー、セルフ洗車の得手不得手等でご予約ください。


  




 

スポンサーサイト

| ボディコーティング各種 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://carportoz.blog63.fc2.com/tb.php/1061-6dc0aad0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT